秋田内陸縦貫鉄道の沿線マップ

[現在地] 秋田内陸縦貫鉄道HOME > 沿線マップ

沿線マップ

秋田内陸線の全線開通までの長い歴史をご紹介します。

当路線は、大正11年「秋田県鷹巣より阿仁合を経て、角館に至る鉄道(鷹角線)として建設計画が決定し、昭和9年、まず鷹巣〜米内沢間が開業しまして、続いて昭和11年には阿仁合まで、そして昭和38年には阿仁合〜比立内間が開業し、全長46.0Kmの国鉄阿仁合線として営業を開始しました。

一方、角館〜松葉間の19.5Kmは、昭和45年国鉄角館線として開業し、両路線は昭和61年10月末まで営業されました。鷹角線の未開通部分松葉〜比立内間の29.3Kmの早期開通が望まれ、昭和55年「日本国有鉄道経営再建促進特別措置法」に伴い、建設工事が中断しておりましたが、昭和59年10月全線開通を熱望する沿線8町村と県は、産業、経済、観光の振興に鉄道の開通は欠かせないとし、第三セクターによる秋田内陸縦貫鉄道株式会社を設立し、未開通部分の工事に取り組みました。

平成元年4月、大正11年に建設計画が決定してから半世紀以上を経て、沿線住民の念願であった鷹巣〜角館間94.2Kmはついに全線開通となっております。

 

  

 

鷹巣 西鷹巣 小ヶ田 大野台 合川 上杉 米内沢 桂瀬 阿仁前田 前田南 小渕 阿仁合 荒瀬 萱草 笑内 岩野目 比立内 奥阿仁 阿仁マタギ 戸沢 上桧木内 左通 羽後中里 松葉 羽後長戸呂 八津 西明寺 羽後太田 角館

 

ページの先頭へ