秋田内陸縦貫鉄道のトピックス

[現在地] 秋田内陸縦貫鉄道HOME > トピックス > 内陸線が展望台・2017田んぼアート情報!

トピックス

内陸線が展望台・2017田んぼアート情報!

2017年 06月 08日  カテゴリ:トピックス

すっかり内陸線名物の一つになった田んぼアートが今年も地域の皆さんのご尽力により沿線でスタートしました!
◆今年のテーマは【秋田犬と四季】
角館のサクラが満開の頃に誕生した秋田犬が、北秋田市の森吉山の麓に向かうにつれ成長していく姿を四季の移ろいとともにストーリー仕立てで描かれています。 
角館-羽後太田間は「春の秋田犬」、上桧木内駅は「夏の秋田犬」、阿仁合-小渕間は「秋の秋田犬」、前田南-阿仁前田間は「冬の秋田犬」です。

また、今年は小ヶ田駅でも田んぼアートが楽しめます。

田んぼアートは、内陸線の車窓から一番綺麗に見えるようつくられています。見ごろは7月〜9月上旬。内陸線に乗って田んぼアートをお楽しみください。
田植えから稲刈りまで、週1回、5ヵ所の田んぼアートの様子をお伝えします。

・観光アテンダントが乗車する列車では、田んぼアートの解説をします。田んぼアート鑑賞記念として「手作りしおり」をプレゼント!有人駅または、観光アテンダント乗車列車にて配布します。

・田んぼアートで有名な青森県田舎館村を走る弘南鉄道とコラボレーション!
‘睥線の「しおり」を弘南鉄道弘前駅で提示すると“ちょっぴりプレゼント!”
弘南鉄道の「記念乗車証」を内陸線鷹巣駅、阿仁合駅、角館駅のいずれかで提示すると“ちょっぴりプレゼント!”

・田んぼアートで使われている数種類の稲をバケツで栽培! 鷹巣駅前、角館駅前に設置します。

・田んぼアートの案内チラシはこちら(PDF形式:2.74MB)...モデルコースなどをご紹介!
・見ごろを迎える7、8月の土日祝日に、阿仁合−阿仁前田間で臨時列車を増発します。時刻表はこちら
・田んぼアートが見られる箇所で、日中の列車を中心に速度を落として運行します。徐行列車の情報はこちら


10月第2週目

10/12、最後となる「角館駅-羽後太田駅にある田んぼアートの稲刈りが行われました。作業を行ってくれたのは、地元の神代小の生徒の皆さんです。
約4ヶ月に亘って内陸線のお客様を楽しませてくれた田んぼアートも終了です。これからは、車窓に広がる紅葉がお楽しみ頂けます。
来年はどんな田んぼアートが出現するのでしょうか!お楽しみに....

角館-羽後太田間(10/12)

角館-羽後太田間(10/12)


10月第1週目

10/4、この日も雨模様でしたが、上桧木内駅、小ヶ田駅の稲刈りが行われました。
現在、残っている田んぼアートは角館―羽後太田間の1ヶ所のみです。そちらは、10/12に地元小学生が稲刈りを行ってくれます。最後の稲刈りは秋晴れとなってもらいたいものです。

角館-羽後太田間(10/3)

上桧木内駅(10/4)


小ヶ田駅(10/4)

 


バックナンバーはこちら〉〉5・6月7月8月9月

 

トピックス一覧 |  ページの先頭へ